Shogo's Blog!

Steem On.

Blockchain, Dapps, DFINITY, Programming

DFINITY Canister SDK & Motoko #1: I don’t like Motoko. I love Motoko!

こんにちは、 @shogoです。

昨日は、DFINITY Canister SDKをダウンロード&インストールし、Buildしてみるところまでやってみました。

今回は早速、Motokoに触っていきたいと思います 🙂

まずは、ローカルでInternet Computer networkを開始します。

dfx start --background

backgroundオプションを付けることで、新たにターミナルを開く必要が無くなります。

次に、ローカルにデプロイします。

dfx canister install firstapp

チュートリアル通りに、greetメソッドを呼び出し、動かしてみます。

dfx canister call firstapp greet "there" --type string

Hello, there! が返ってきました。

ソースコードを見てみると、

src/firstapp/main.mo

actor {
    public func greet(name : Text) : async Text {
        return "Hello, " # name # "!";
    };
};

nameを受け取り、Helloを付けて返しているようです。

試しに、greetメソッドを編集してBuildしてみます。

src/firstapp/main.mo

actor {
    public func greet(name : Text) : async Text {
        return "I don't like " # name # ". I love " # name # "!";
    };
};

ターミナルで、以下を打ち込みます。

dfx canister call firstapp greet "Motoko" --type string

実行結果はこのようになりました。

プロセスを終了します。

dfx stop

次回からは、がしがしプログラムを書いていきます。

メインネットがローンチする前に、アプリケーションをある程度作っておきたいと思います。

アイデア募集中です!:D

また、先日発表されたLinkedUpですが、GitHubにソースコードが上がっていたので、気になる方はぜひ見てみてください 😉

参考

Quick start

DFINITY Developer Center

Motoko Programming Language Guide

DFINITY Canister SDKのダウンロード&インストール

Thanks,

@shogo

コメントを残す

Theme by Anders Norén